キン肉マン」という人気漫画をご存知ですか?「タイルマン」は、そこに登場するキャラクターの一人です。

 タイルマンは、多治見駅前にいますよ

私、「キン肉マン」はアニメで知っています。プロレスがテーマのストーリーでした。毎回、ムッキムキのキン肉マンがおちゃらける印象で、それがおかしかったです。

ところが私、「タイルマン」は知らなくて…。とはいえ、そのタイルマンが多治見駅にいるというので、見てきました。

 タイルマンにはどこで会える?

JR多治見駅の改札口を出て、右手。南口へ進みます。
突き当りの南口は、両サイドに階段がありますが、右側の階段を下ります。

多治見のタイルマン

下りてすぐ、郵便ポストの上には多治見市のマスコットキャラクター「うながっぱ」が鎮座しています。その後ろに控ていますのが、「タイルマン」です。

多治見のタイルマン

サイズは、原作どおりの2.25m。覆っているタイルは、勿論(!!)地元 多治見産のタイルを使用しています。(とはいえ実は、タイルマンはフランス出身だそうで…)

これ、地元のタイルメーカーさんが、多治見をPRしようと情報発信して作り上げたものです。「キン肉マン」の作者さんとも打ち合わせを重ね、2017年3月11日の完成序幕式にはご本人もいらしたそうですよ。

このプロジェクトを進めたタイルメーカーさんやそのお仲間は、さぞや楽しかったでしょうね。青空の元にそびえたつタイルマンのクオリティの高さ!! タイルマンを見ていると、プロジェクトに携わった方たちのワクワク感が伝わってくるようでした。

多治見駅前のタイルマン

タイルマンの奥には、お土産やOmiyaがあります。多治見のお土産がここで購入できますよ。

多治見を象徴するものがまたひとつ、増えました

窯業の町・多治見は、タイルの生産も担ってきました。その多治見のタイルと、タイルマンとのコラボレーション。ほんと、いい感じです。多治見の町を象徴する存在がまたひとつ増えましたね。

多治見駅にいらした際は、「多治見のタイルマン」を是非、チェックしてください。南口を降りたところです。

多治見駅前のタイルマン
画像奥が、JR多治見駅南口です。

スポンサーリンク