落ち着いた日本料理レストラン「有楽(うらく)」

ユネスコの無形文化遺産にも登録されている「和食」。多様で新鮮な食材を生かす調理で、おまけにヘルシー。更には、料理だけでなく、盛り付けやうつわでも季節感を表します。そう、舌で味わうだけでなく、目でも楽しむ和食です。

名鉄犬山ホテル(愛知県犬山市)、日本料理「有楽(うらく)」で、そんな和食をいただいてきました。

目で楽しみ、そして味わう日本料理

日本人の私でさえ、「綺麗だわぁ」とその盛り付けの繊細さ、手数の多さに驚くのです。ましてや、外国の方なら、どれほど感動するだろう…と、和食をいただく度に思うのです。ざっと、画像を掲載してみます。

前菜 旬彩盛り合せ

名鉄犬山ホテル「有楽」

造里 盛り合せ

名鉄犬山ホテル「有楽」

一人鍋「河豚鍋」

名鉄犬山ホテル「有楽」

揚物 鯛の変り揚げ

名鉄犬山ホテル「有楽」

凌ぎ 「蟹」塩茹で

名鉄犬山ホテル「有楽」

煮物 鰤大根

名鉄犬山ホテル「有楽」

麺物 ひと口蕎麦

画像なし

御飯 白米、留碗 赤出汁仕立て、香の物 盛り合せ

名鉄犬山ホテル「有楽」

デザート 本日のデザート

画像なし

コースをいただくと、一体、何種類の食材をいただくんでしょう…。また、いただく順番に素材や味つけ、調理方法(食感や温度)のリズムが考慮されているのが感じられるのでした。

美味しくいただきました。御馳走様でした。

名鉄犬山ホテルには3つのお食事処

名鉄犬山ホテル内には、和・洋・バイキング形式と3つのレストランがあるので、好みや用途に応じて選べますね。

  • 日本料理「有楽」
  • 欧風料理「ル・パラディ」
  • ガーデンレストラン「ライン」

ガーデンレストラン「ライン」はバイキング形式ですから、ファミリーでの利用も多いですね。日本料理「有楽」は、落ち着いた年齢層の方に利用されている印象です。いづれも、貸切や満席の場合は利用できませんから、事前にTEL確認などして予約が安心でしょうね。

お腹いっぱいになったら、犬山温泉「白帝の湯」

宿泊者でなくとも館内で食事をした場合、温泉入浴券を別途購入で、ホテル内の温泉「白帝の湯」を利用できますね。利用可能時間は、11:30~21:00まで。大人930円。

犬山温泉「白帝の湯」

周辺の見どころ

名鉄犬山ホテルの向かいには、国宝茶室・如庵 有楽苑がありますね(別途入場料)。日本庭園を散歩できますよ。敷地内の有楽苑は、毎月1回公開されているようです。開催日程や詳細は、日本庭園 有楽苑HPで確認できますよ。

犬山には、犬山焼という赤絵の焼き物があります。お茶や焼きものに興味のある方は、チェックしてみてください。名鉄犬山ホテル内でも飾られていますよ。

犬山城へいくにもアクセスのよい位置です。城下町風情の残る町並みを散歩するのもいいですね。

ホテルの目の前には木曽川が流れています。木曽川では木曽川うかいが楽しめます。川沿いを散歩するのも気持ちがいいですよ。また、夏にはホテル目の前の木曽川で花火が行われます。

そして、木曽川の向こう岸は岐阜県各務原市。以前、各務原市の美味しい鰻屋さんの記事を書きました。車ならすぐの距離です。

pickup画像

川魚料理 うな神(各務原市鵜沼東町)で、うなぎ丼を食べました

川魚料理 うな神

名鉄犬山ホテルへのアクセス

多治見市から犬山市へ車で行く場合は、尾張パークウェイを使うのが便利ですね。尾張パークウェイは、緑に囲まれた信号のない道で、快適なドライブが出来ます。

名古屋方面からは、名鉄犬山線で「犬山遊園駅」下車。改札を出たら横断歩道を渡って道路反対側へ行きます。犬山城を仰ぎ見ながら、木曽川沿いの道を8分程歩けば、名鉄犬山ホテルに着きます。

※今回の記事内容は、名鉄犬山ホテルが企画したコースプランではありません。個人でのレストラン、温泉利用です。また、掲載内容は投稿時のものです。最新情報はホテルに確認くださいね。

名鉄犬山ホテル

※掲載の内容は、投稿時のものです。最新の情報は、直接確認くださいね。

スポンサーリンク